ノンバンク融資のデメリット

金利が高めに設定されている

ノンバンクは銀行以外の貸金業務を行うサービスで、消費者金融やクレジット会社といったサービスを指します。銀行よりの審査が緩いメリットがあるのですが、その反面銀行よりも金利が高めに設定されているのがデメリットです。そのため事務手数料や繰り上げ返済手数料にも注意をしておきましょう。審査時間はかなり短く即日融資してもらえるサービスもあります。ちなみに銀行の場合は審査形式的に時間がかかってしまうため、すぐに融資をしてもらえないのがネックです。

金利が高いデメリットがありますがすぐに現金を手に入れたいときには活用できるサービスと言えます。特に中小企業といった実績のあまりない企業でも気軽に借り入れできるので検討してみるといいです。

住宅ローンは種類が少ないのがネック

住宅ローンをノンバンク系で利用するときにはちょっと注意が必要です。フラット35などがあります。民間の金融機関は扱っている住宅ローンはかなり種類が少なく選択肢も狭いです。金利が低いため負担も少ない変動金利や期間選択固定型といったものを使いたい方は、住宅ローンの申込ができない可能性もあるので注意しておきましょう。またノンバンク系では特定の住宅を購入する方限定のローンもあります。関連会社の扱っている住宅のみに適用されるシステムなので利用をする前に調べておくといいです。

総合的に見てみると住宅ローンとしてはちょっと使いにくい部分があります。自由に住宅ローンの返済方法を選びたいなら銀行からの融資がおすすめです。