ファクタリングをうまく使おう

ファクタリングのメリットを知るといい

資金繰りがうまくいかない企業はファクタリングをうまく活用するとキャッシュフローの正常化ができるので知っておくといいでしょう。ファクタリングは売掛金を売却する事ができるサービスです。すぐに資金を調達できるため急な出費があるときや、商品の支払金が足りないときに活用できます。銀行でも融資を受けられますが審査が必要で、内容も厳しいです。一方ファクタリング会社は売掛先の信用度が重視されるので売掛金を売却する側の信用度はあまり関係ありません。

銀行の場合は審査に時間がかかるのがネックですが、ファクタリングなら即日融資を受けることができるところもあるので便利です。すぐに資金調達を行いたいなら理想的なサービスと言えるでしょう。

手数料の安いファクタリングを利用しよう

売掛債権を現金化したいときに便利なファクタリング会社ですが、売るときには手数料がかかります。手数料はファクタリング会社により変化するので何も知らないまま契約をしてしまうとトラブルになる可能性もあるといえるでしょう。2社間ファクタリングは手数料相場がかなり高いのが特徴で売掛債権の10%から30%近く取られてしまいます。こちらは売掛先に何も伝えずに売掛債権の現金化をするのでファクタリング会社にとってはリスクが高い、このため手数料が高く設定されているのが特徴です。

3社間ファクタリングは売掛先に承諾を得て売掛債権を売却するためファクタリング会社にリスクが少なく、手数料は1%から5%に設定されています。売掛債権の回収不可といったトラブルを回避するためにもなるべく3社間ファクタリングを使うのが理想的です。