ファクタリングのデメリット

手数料がかかってしまうので注意

ファクタリングは売掛債権を売却して現金化できるサービスです。中小企業では資金繰りが困難になってしまう可能性があるため、ファクタリング会社を利用して売掛債権を売却することで資金確保ができます。かなり便利なサービスですが利用をするときには手数料がかかってしまうため注意しておきましょう。利用をするときにはファクタリング会社に報酬としていくらかの手数料を支払います。これは借入をするときの金利のようなもので、手形割引よりもやや高めに設定されているのがデメリットです。 ただ即日可能といった調達スピードがあるので中小企業にとってはありがたいサービスと言えます。注意点として手数料はサービスにより違うので内容を比較してファクタリングを使うといいです。

債権譲渡登記がないと利用できない場合もある

売掛金を売却するときにその受取権利を公的に証明するための書類が必要になる場合があります。これは債権譲渡登記と呼ばれるものです。基本的に売掛債権の買い取り金額が高くなればなるほど受取権利を明確にしないといけません。債権譲渡登記を行えば譲渡したことを誰でも確認できるので念には念を入れて手続きを行うため注意が必要です。その場合取引先会社が登記情報を調査する可能性もある、可能性としては極めて低いですが完全秘密の取引にはならないと言えます。 登記に数万円も掛かってしまうため手数料とは別にコストが掛かるのがネックです。2社間取引時に発生する可能性が高いですが、通常は3社間取引を行います。ファクタリングをするときには安全のためなるべく3社間取引をしましょう。