ファクタリングのメリット

資金繰りが困難なときに便利なサービス

事業を行っている会社は資金が足りないときもあります。そういうときに活用するといいのがファクタリングと呼ばれるサービスです。これは未回収の売掛金を専用のファクタリング会社に売却して資金を作る方法なので知っておくといいでしょう。企業間での取引は一般的に現金ではなく売掛なので、すぐに現金を手に入れる事ができません。
売掛金は商品やサービスを提供したときにもらえる請求書のようなもので、書類に書かれている期日に現金が支払われるのが特徴です。期日までは代金を回収できないので、それまでに資金繰りが困難になってしまうと大変と言えます。ファクタリング会社は上記のようなタイミングで利用できるサービスです。早めの売掛金を現金化できるので足りない資金を補いたいときに便利と言えるでしょう。
売掛売却をするときにはある程度の手数料を差し引かれます。

銀行や金融機関に断られても大丈夫

基本的に金融機関では融資を受けるときに審査が入ります。銀行から融資を受けるときには厳しい審査があるので企業の規模や実績によっては審査落ちをしてしまう可能性が高いです。ファクタリング会社は金融機関に比べると審査がかなり緩く設定されています。中小企業のために作られたサービスなので小規模な会社でも利用しやすいのがメリットです。
売掛金を売却する側の信用度はあまり関係がなく、売掛先の信用度が重視されます。一般的な融資とファクタリングは異なるもので担保が必要ないのも強みです。具体的な審査内容はファクタリング会社により若干異なるため、売掛先の審査が通らないときには別のファクタリング会社に依頼するといいでしょう。